« 作品展。 | トップページ | 現場大詰めです。 »

2012年11月22日 (木)

工事中の打合せ。

朝いち車で次男と長女を保育園に送って、

Co_House 現場へ。

 

現場は外壁の板張り工事が終わって、本格的に内部造作に入っている。

 

Photo_4

 

ボクらのお仕事では、工事が始まると現場側との打合せが増える。

 

工事で使用する設計図面は、”こんなものを造ってほしい” という意図を伝えるために描くのですが、図面を渡すだけでは伝わらないので、工事打合せをたくさんします。

この打合せで上手に設計意図を伝えられなければ、いくら上手に図面が描いてあっても伝わらず、設計側と現場側とがチグハグになってしまいます。

 

監督さん、大工さんは、ボクらの描いた詳細図面を丹念に見てくれていて、それをもとに質問点をまとめます。

そして、工事打合せでひとつひとつクリアにしていきます。

こういった作業を繰り返し繰り返し行います。

そうすることによって施工精度も上がっていきます。

手間が掛かりますが、建て主様の一生に一度の一品ものを実物のものにするためには必要な作業だと思っています。

手間を掛けて、地味な作業を繰り返し繰り返し行うことで、結果的にたくさんの人たちのがんばりと想いの詰まったお家が出来上がります。

 

 

現場打合せでは、図面にスケッチもしながら、横からみたり縦からみたり斜めから見たりを描いて説明します。

Photo_2

そうして意見交換しながら決まっていく部分もあります。

 

大工さんは、図面から読み取ったことを、ひとつひとつの材料単位に落とし込みます。

加工リストのようにして忘れや漏れがないようにしてくれています。

Photo_3

« 作品展。 | トップページ | 現場大詰めです。 »

現場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作品展。 | トップページ | 現場大詰めです。 »