« バタバタしとります。 | トップページ | プラン進行中。 »

2011年3月17日 (木)

高いところに登れ。

朝いち、子どもたちを車で保育園に送って、

鈴鹿に向かってゴー。

 

高速使おうか迷ったけど、トコトコ23号線で行くことにした。

23号は順調に流れていて、

”この分なら、四日市で寄り道できるかなぁ” なんて考えていたけど、

霞のあたりから激混み。。。。

四日市の市役所のあたりから1号線に乗り換えたけど。。。

激混み。。。

 

もっと早く着けるかなと思っていたけど、

結局、鈴鹿市役所到着は予定していた時刻になってしまった。

(もうちょっと、なんとかならんか。。。この渋滞。。。)

 

鈴鹿市役所は、いつの間にか15階建ての高層ビルに建て替わっていて、

最上階の展望フロアからは360度見渡せる。

周辺に高層ビルがないので、特によく見渡せる。

 

鈴鹿街道沿いに白子。その先に津。

1号線をたどっていくと亀山。

来た道の先には、いつもの養老山脈。

海岸の先には、知多半島。

 

Photo_2

 

高いところから見ると、その土地の客観的な性格がよくわかる。

交通のこと、海と山の関係、都市の発達の仕方などなど。

建築を志すものは、高いところに登ってみなきゃいけない。

集落や街がどう形成されているのか、その中で建築はどうしたらよいのか。。。

見つけ出されることは、いっぱいあるはず。

 

昔々の人たちは、今よりもっと、地形に敏感だったはず。

自分たちの巣をどこに造ったらよいか、

どこにつくれば外敵から身を守ることができるか、

生き抜くことで身に付いた知覚が、今よりずっと重要だったはずだと思う。

 

建築を志すものは、高いところに登れ。

« バタバタしとります。 | トップページ | プラン進行中。 »

しごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バタバタしとります。 | トップページ | プラン進行中。 »