« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

一喜一憂する。

朝いち長男次男を保育園に送って事務所。

 

午前中の外出から自宅へ寄って昼食。

ちょっとだからと、自宅の前の道に車を停めておいた。

気がつくと、緑のヒトに駐車違反を貼られていた。

ボクがいけないんだけど、

自宅の前で貼られるのは、ほーんとに屈辱的。。。

ガックリです。。。。ちょっと立ち直れない。。。。

 

夕方、事務所の帰り道、風雨にあおられ傘が折れる。

傘自体、だいぶくたびれてはいたが。。。

ガックリです。。。。

 

夕食後、長男、次男、奥さんの3人で、

保育園の七夕飾りを作った。

長男は、短冊に見よう見まねでお願いごとを書いていた。

 

Photo_5

 

おおきくなったなあ~。

嬉しい。

でも、ちょっと寂しい。。。。

 

いつもの日常に一喜一憂あり。

2009年6月28日 (日)

朝ラン

今日の朝練は、MTBの時間がとれないので、ランニング。

 

朝いち、コーヒー飲んで、ストレッチして、

6:50発。

自宅~名城公園~お堀1.5周~中日新聞~外堀~国立~土居下~自宅 の、外堀コース。

7:45着。

 

市役所駅までの登りで、ややダッシュを取り入れた。

2009年6月27日 (土)

朝いちこどもクリニック。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~名城公園半周~自宅の、お堀コースプラス。 40分。

 

昨日から長男のカラダに発疹があったので保育園に行く前に、こどもクリニックへ行くことにした。

おとといの夜から、ボクも上半身のかゆみと発疹があったので、

同じかもしれないので、いっしょにボクも診てもらうことにした。

 

こどもクリニックは保育園への行く道にあるので診察券を入れておいて、

次男を保育園に置いて来て、ボクと長男で戻って診察を受けた。

 

長男の診察。

先生: ”これは~。。。。毛虫とか、そういうのじゃないかしら?”

先生: ”虫とか触ってますか?”

ボク: ”触ってるかもしれません。”

先生: ”アレルギーではないと思うから、塗り薬と飲み薬で様子見てくださいね。”

 

ボクの診察。

ボク: ”ボクもかゆいんですが~。。。。同じではないでしょうか。”

先生: ”これは~。。。。掻きすぎですね~。 あせもみたいなものですね。(笑)”

先生: ”塗り薬と飲み薬出しておきますね。”

 

大事無くてよかったよ。

 

それにしても暑い。。。。

2009年6月26日 (金)

ロック人 なんか。。。みんなと違う!

マイケルジャクソンがお亡くなりになったそうな。。。。

意外と思われるかもしれないけど、マイケル大好きでした。

高校生ぐらいの時で、オフ・ザ・ウォールやスリラーは良く聴いたなぁ。

ムーンウォークも学校で練習したりして。。。

バッドぐらいからちょっと人間離れしだして、そこからのマイケルはあんまり知らないけどね。

個人的にはポールと歌ってた セイ・セイ・セイ がいい。

貴重なロックスターがまた一人いなくなった。

 

 

ひさしぶりにロック人。

 

高校生のボクは、ブルース・スプリング・スティーンに触発されて、

エレキギター(テレキャスター)を手に入れた。

教則本のようなものも買った。

コード(和音)を覚えながら歌えるもので、

なぜか、サザン・オール・スターズだった。(笑)

 

あとは、友だちに教えてもらったりだったな。

でも。。。そのころのギター小僧のあこがれは。。。。

ハードロックというか。。。。ヘビメタというか。。。。だった。

ちょうどヴァン・ヘイレンやマイケル・シェンカーとか。。。。そんなだったと思う。

そんな中で、ボクは異端だった。

ギター小僧たちのあこがれ達には、あんまり興味がなくて、

その当時すでに、おじさんだったロッカー達にあこがれてた。

 

オーバードライブを買って、みんなとおんなじように歪ませたいんだけど、歪まない。

テレキャスターだから歪むわけないんだけど、当時のボクはわからなかった。

”なんで、おんなじ様な音が出ないんだろう~” って思いながら、

みんなと違うブルースを、一生懸命コピーしてた。

しばらくは、友だちとアルカトラズをやったりデュラン・デュランをやったりしてたなぁ。

 

そんなボクに、ギターの師が現れる。

ブルース以上におじさんだったエリック・クラプトン先生だった。。。。

 

ボス、ブルースにロック世界の扉を開いてもらって、クラプトン先生に手を引いてもらった。

もう後戻りはできない。

ロック世界を、どんぶらこっ、どんぶらこっ、流れていくのだった。

2009年6月22日 (月)

アタマの整理整頓。

長男次男を保育園に送って事務所。

 

今日は進行中のプロジェクトを完遂するべく、

アタマのなかの整理整頓を試みた。

プロジェクトリーダーのボクと、サブの奥さん、

それぞれが重要視しているキーワードを持ち寄ってマッピング。

 

Photo_4

 

キーワードの分類分けをすることで、

ごちゃごちゃになってることが大きなグループに整理できる。

筋道が立ってきた気が。。。。する。。。。

平日朝ランのこと。

朝いち ランニング。

コーヒー飲み忘れた。 ちょこっとストレッチして、

雨がパラパラしてたから、木が茂ってる公園内の周回コースを走った。

 

自宅~名城公園ランニングコース3周~自宅の、名城周回コース。 40分。

 

ボクはトラックのようなところをクルクル回るのが、あんまり好きじゃないので、

いつもは、大きくグルッと回れるところを走る。

ひさしぶりに周回コースを走ったら新鮮だったよ。

スピードトレーニングというのかなぁ。

タイムを計測しながら走った。

1周1.3kmの周回。

1週目は8分ぐらい。

2周目、3周目は7分半。

案外遅い。

1周7分で走らないかんな。

2009年6月21日 (日)

休日がいそがしいよ~。

昨夜から雨が降り続いているため朝ランはなし。

フトンのなかでゴロゴロしてたけど、長男といっしょに 6:30 起床。

 

長男は日曜朝のTVゴールデンターイムがうれしくって仕方ないようなのだ。

長男 : ”ゾロリ見よ、ゾロリー。”

ボク : ”しょうがないなー。 はい、スイッチ入れて。”

長男 : ”。。。。。。。。。。”

ボク : ”。。。。。。。。。。”

ゴルフやってる。

長男のゴールデンターイムは総崩れだ。

年に一回は、やるんだよね~。

 

うちにはAV機器はない。

録画を見せてしのぐことはできないのだ。

音の出るものというと、ブラウン管TVとラジカセ。

それと、ブルースハープとギター。

ビデオデッキは壊れた。

DVDやブルーレイは意味わかんないし、はなから買う気がない。

 

こういうときは、ユーチューブでそれらしいの見せて発散させる。

 

朝食後は、外の木々のゴサゴサをめった切り。

雨降ってたけど、今日やっとかないと、こっちがやられそうだから。。。

 

門のところのザクロをジョキジョキーッ。

お隣さんの垣根もジョキジョキーッ。

うちの垣根もジョキジョキーッ。

キンモクセイもジョキジョキーッ。

桜もジョキジョキーッ。

ムクゲジョキジョキーッ。

ツバキジョキジョキーッ。

まきの木ジョキジョキーッ。

太いのもノコギリでゴリゴリーッ。

裏のゴサゴサジョキジョキーッ。

後片付けして午前中終了。 くたびれたよ~。

 

午後からは、保育園のお友だち宅を訪問。

保育園のことや、クラスのこと、育児のこと、いろいろとおしゃべり。

子どもたちは、ずーっとお菓子を食べ続けてたよ。

(良くないんだけど、こうしないとうるさくて話しにならないんだよね~。)

 

帰って夕方、夕食はボクの当番。

今日は鶏のカラアゲ。

奥さんが下ごしらえしといてくれたので、揚げるだけね。

 

おおかた揚げ終えて、先風呂入って、

一杯やって一息。

天地人見て一日終わり。

 

今日は父の日だった。

子どもたちからハンカチ。

ありがと~。 うれしいよ~。 (涙)

 

Photo_3

2009年6月20日 (土)

木の家スクール名古屋

朝寝坊したので朝ランはなし。

 

朝いち長男次男を保育園に送って事務所。

 

午後からは ”木の家スクール名古屋2009” の講義に行く。

今日は、構造家の山辺さん。

木の家スクールではお馴染みの方だ。

ここ何年かは、あっちこっちでひっぱりだこで超忙しいはずだけど、

あいかわらずの親切さんで話し好き。

建築に対する姿勢も一貫してて、町場の技術レベルで物申す。

建築構造界では貴重な存在だと思う。

たまに出る江戸っ子ことばがたまらなく大好きだ。

 

Photo

 

今回は、できたての自著 ”ヤマベの木構造” をテキストに、

いつもどおりのわかりやすい講義だった。

講義は12月にも予定されているので楽しみにしてよっと。

 

 

講義後、事務所寄って、保育園に長男次男をお迎えに行って、

帰りに家の近くの、ものすごーく無愛想なオヤジのやってるケーキ屋さんで、デザートのプリンを4つ買って帰宅。

今夜は、奥さんの誕生パーティー。

平日は余裕ないので週末になった。

おいしくいただきました。

 

Photo_2

2009年6月19日 (金)

ドロンコ。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~名城公園半周~自宅の、お堀コースプラス。 40分。

 

長男次男を保育園に送って事務所。

 

今日は午後から、名工大へ泥をこねに行ってきた。

一昨日打合せのあった ”木の家スクール” の移築再生プロジェクトのはじまりだ。

 

到着すると、もうみんなドロンコになってた。

 

Photo

 

っでボクもドロンコした。

足裏の感覚が気持ちいい~。

 

 

なにをやってるのかというと、

土壁に使う泥を作っているのです。

 

どこにでもある近所の土に水とワラを入れて混ぜ合わせ、

水を足しながら一ヶ月ほど醗酵、熟成させると、

荒壁として使える泥になります。

むかーしむかしは、こうやって建築地のヨコで土を作っておいて工事に取りかかったのです。

 

最初は、こんな感じ。

Photo_2

熟成することで、ワラが繊維状に分解されて土にねばりが出てきます。

 

中部地方では、ふつう泥はドロコン屋さんで入手するのですが、

今回はデモンストレーションも兼ねて古式でやってみよう、ということになったようです。

ドロコン屋さんに早熟の泥を持ってきてもらって、水を足しながら、そこに刻んだワラを入れて足でこねる。

ときおり備中でおこして混ぜる。

はっきりいって農作業です。

そうです! もとは建築とは農作業の延長にあったのです。

(これに関しては、また機会があったら話します。)

 

※ドロコン屋さんとは、土壁に使える泥を作る業者さんです。最近では数もめっきり減りました。地域によって土の質も違います。

 

 

Photo_3

 

っで最後はブルーシートで覆って養生して終了。

2、3日おきに水をまいて固まらないようにしながら熟成させる。

2009年6月17日 (水)

あっちこっち顔出して。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~パレマールシェ~自宅。 40分。

 

なんで ”パレマールシェ” に寄ったかというと、

昨日の保育園のお迎え途中で、ゲリラ豪雨に遭遇し、

”パレマールシェ” のテント下に自転車を置いてきたから、

取りに行ったのだった。

 

しかし、昨日の雨はすごかったよ~。

ちょうど、”パレマールシェ” でお友だちのお母さんに合ったので、

父子ともども、家まで送ってもらった。

 

っで今日のはなし、

午後から、照明メーカーのオーデリックの新作の展示会に行った。

(ボクはけっこうオーデリックびいきだ。)

時間があるときは、なるべく行くようにしてる。

 

Photo

 

LED(発光ダイオード)の新作が、けっこう出てた。

LED照明ならではのデザインの器具や、

調光のできるタイプ、間接照明のトラフのかわりになるようなものなど、

かなり実用できるところまで来たな、という印象。

説明してくれたお兄さんが好感がもてて非常にグッドでした。

 

 

帰り道で、名工大へ寄った。

以前ブログで紹介した ”木の家スクール名古屋” がらみのプロジェクトの説明会があった。

 

現在、伝統的な木構造の設計法の確立を、国交省主導で進めている。

(現代的な木造とは違うのです。 話し出すと長いからしない。。。。)

っで昨年、兵庫の ”Eディフェンス” という実大振動実験施設で、

伝統型の木構造で造った2棟の住宅を、揺らした。

http://marugen-otokotarumon.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-12c3.html

 

前置きが長くなったが、

今回、片方の1棟を愛知県に移築再生できることになった。

その再生に、木の家スクールの参加者や学生も加わって、

ワイワイやりながら勉強しながら楽しもうというもの、

完成後は、伝統型木構造に関心のあるヒトたちをつなぐ場にしていきたい。

っというプロジェクトのスケジュールやら主旨やらの説明だった。

 

プロジェクトリーダーは、あいち万博で、サツキとメイの家を建てた大工中村さん。

移築再生する建物は実験によって、柱が折れたり損傷してるとのこと、

ある程度、部材の取替えはあるが、

中村さんいわく、

”これだけ壊れてても再生可能なんだというところも見せたい”

とのこと。

 

た~の~し~み~だ~。

 

泥こねたり、土壁つけたり、参加型のプロジェクトです。

興味のある方は連絡ください。

参加無料です。

 

ブログでも、また報告しますね。

2009年6月16日 (火)

SORA-mame アップしたよ~。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~名城公園半周~自宅の、お堀コースプラス。 40分。

 

長男次男を保育園に送って事務所。

今日は。。。。ちょっと。。。。お絵かきをする。。。。。

”住まいのこと” の長編も進行中。

 

ホームページを更新しました。

”はじまる家 SORA-mame”

Hoso2_6

ボンセッケイのホームページ

http://homepage2.nifty.com/bon_2/

ポチッ してみてください。

 

建て主の HOSOHOSOさん と ボンセッケイ と 職人さん たちの

汗と涙の結晶です。

2009年6月14日 (日)

お祝いをした。

今日は3人目の女の子の100日をお祝いする。

ジジババたちとお昼をいっしょに食べることになっているのだ。

 

朝ラン後、朝食。

先週蒔いた朝顔の二葉がたくさん出てきたので、植えかえた。

 

Photo

 

次男と水やりやって終わり。

大きくなれよ~。

 

その後、いつもの掃除して、お出かけの準備して、

バス停へゴー。

すぐにバスが来た。

日曜日の午前中は道もすいているので、時間どおりだ。

 

バス停は家の近くにある。

本数も多いし、栄まで10分なので一番便利なのだ。

 

バスの降車場で、なぜか奥さんのジジババに合った。

オアシスのマックで待ち合わせのハズだったんだけど。。。。

 

オアシスはオアシスでも、地上で待っていたらしく、わからなくなっちゃったそうだ。

(地上にはなにもないもんね。)

地下鉄から近いから良いかと思ったんだけど、ジジババに馴染みの場所のほうが良かったかな~っと。。。。。

 

昼食を予約したお店へ行くと、ちょうどボクのジジババと落ち合えた。

ちょっと早かったけど、始めることにした。

 

お豆腐メインのさっぱり目のお昼の会食メニュー。

おいしかったよ~。

 

Photo_2

 

生後三ヶ月を迎えた彼女は、まだ食べられない。

いっぱい食べる子になれっ。

 

 

食後はオアシス行って、お茶休憩。

屋外の席に陣取って、コーヒーやシェイク買ってきて、しばしまったり。

長男次男はじっとしてないので、

上階の水溜りまで行ったり、ふわふわで遊んだり、大道芸で楽しんだり。

 

Photo_3

 

楽しかったよ。

これもジジババたちが健在だからできること。

ありがとう。

朝ラン

今日の朝練は、MTBの時間がとれないので、ランニング。

 

朝いち、コーヒー飲んで、ストレッチして、

6:30発。

自宅~清水本通り~堀川~景雲橋~~お堀1周~自宅 の、外堀ロングコース。

7:40着。

2009年6月13日 (土)

これでいいのだ。。。と思う。

ウツウツしてるうちに、

なんとなく寝坊してしまったので朝ランはなし。

 

朝いち、長男次男を保育園に送って事務所。

 

日経アーキテクチャーの別冊を読んでたら、

興味深い記事があった。

雑誌、ポパイやブルータスの編集者などで知られている、

都築響一さんの記事。

 

商業空間に関する特集なんだけど、

感銘を受けた点が2点。

 

一つは、

面白いお店がないということ。

マーケティングに頼りすぎたお店が多く、どこの店も似たり寄ったりになっているからだ。

来店する客層を想定し、客単価はいくら、一日の目標売り上げは。。。。

客観的な視点から解析して、サービスを決定している点がいけない。

”自分の店” の視点が足りない。

 

誰かや何かに頼ってるわけで、主観が抜けているんだと思う。

そして、そういうお店は人間味にも欠ける。

うすうすだけど、最近ボクもそう感じてた。

 

二つ目は、

建築家には、いいお店が造れない。

それは、どうしてか。。。。というと、遊んでないからだ。

一番遊びに敏感な時期に、朝から晩まで事務所で働いて、

時間がないからコンビニ弁当。

そんなヒトに居ごこちのいい飲み屋は設計できるはずがない。

 

ボクもそう思ってた。

 

 

そんな都築さんが、おすすめする今おもしろいお店とは、

”スナック” だそう。

 

記事によると、

”スナックは、インテリアで売ってるわけじゃない、

お酒で売ってるわけでもない、ご飯のメニューで人

を呼んでるわけでもない、高くもないけどすごく安

くもない、特別な女の子のサービスもないし、

カラオケだって普通。

だけど人が来るっていうのは、どういうことか。。。”

 

ママさんやマスターの人間味なんだって。

人間のキャラクターが一番問われるのがスナック。

それは人間対人間の真剣勝負で、

商業空間では一番大事なこと。

 

だって。

これでいいのだ。。。。

2009年6月11日 (木)

芽が出た!

朝いち、どしゃぶり。

なので、朝ランはなし。

 

コーヒー飲んで、外を見ると。。。

日曜日に長男と蒔いた朝顔から芽が出てた。

4日目の朝だった。

 

一週間ぐらいかかるのかなぁ~、っと思っていたから、びっくりした。

早いんだね~。

 

長男に教えたら、喜んでたよ。

早速、お母さんに自慢してた。

 

”ほらね芽が出たよ。”

”大きくなると クルクルッ となるんだよ。”

”お父さんが怒ったほう(もう一つの鉢のこと)は、出てないでしょ。”

”。。。。。”

”ほらね~。”

 

何事も、”ほめて伸ばす” が肝要か。。。。

 

Photo

2009年6月10日 (水)

清志郎を思う。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~自宅の、お堀コース。 35分。

 

長男次男を車で保育園に送って、

午前中は実家の畑しごとのお手伝いに行った。

バアチャンが腰を痛めたらしく耕せないとのこと。

本格梅雨シーズンになる前にやっとこう、ということになったのだ。

 

まずは。。。。ウネを作るところをかき混ぜて。。。。っと。。。。

 

いっ。。。いかん。 竹の根っこが無数にはびこってる。。。。

 

なので、まずは孟宗竹の根っこ堀りから始めた。

これが、もうやっかいで。。。。たいへんなのだ。。。

根っこのターミナル駅みたいなのがあって、

何本もの路線が絡み合って巨大化してるのだ。

地下にもぐっていってるやつもいる。

三次元的に拡がっていて、どこまで掘ったらいいものか。。。。

引っこ抜けないから、ノコギリでめった切り。

 

掘った穴を埋めて、ウネを作って、予定終了。

 

根っこが伸びてきてるから、早いこと生えてる竹を間引かないかんね。

 

っで一本、やっかいなところに生えてきてた竹を根元から切ったった。

まだまだ、10本以上切らないかん。

参加者、募集します。

やってみたいヒト、連絡、コメントください。

 

竹はね、木を伐採するより、ずっと簡単で、楽チンです。

達成感が、それなりにあるのでストレス解消にグッドですよ~。

 

 

事務所への帰り道、

ラジオから、清志郎の遺作が流れてきた。

”OH!RADIO”

たしか、ラジオ局のキャンペーンソングだったと思う。

 

シンプルなアレンジで、歌声がよく聞こえる。

 

力強い、意思のある歌声だ。

亡くなったいまだから思うのか、

”オレはここにいるぜっー。”

っと語りかけているようだった。

いい歌だったよ。

 

ロック小僧のボクは、

当然、清志郎にも影響を受けている。

ことばの選び方、歌詞の乗せ方、歌いまわし、いろいろと真似した。

今でも大好きだ。

 

”清志郎” 日本のロックスターを思う。。。。

2009年6月 9日 (火)

梅雨入り。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~名城公園半周~自宅の、お堀コースプラス。 40分。

 

長男次男を保育園に送って事務所。

3人目の女の子は、遅れて奥さんが送ってる。

 

アタマがスッキリしないな。

お天気とおんなじ曇り空。 しかも蒸してる。

 

ラジオから東海地方の梅雨入り。。。。

 

スッキリしたいね~。

2009年6月 8日 (月)

今日から一時保育。

今日から、

我が家の3人目の女の子が保育園に行く。

当面は一時保育でお願いすることになった。

 

 

ちょうど生後3ヶ月。

上2人はそれぞれ、8ヶ月、7ヶ月からだったから、

それより、かなり早い。

 

ボクは基本的に、早期保育に賛成なのだが、

それにしても割り切れない思いがあるようで。。。

 

寂しさと不安と。。。。

奥さんは、ボクの何倍も、そう思ってるに違いない。。。。

できればそばに置いておきたいだろう。。。。。

 

話し合って、いろいろあったけど預けることにした。

公私ともに、この判断が間違ってなかったと思えるよう、

みんなで乗り越えていこう!

 

保育園の園長さん、主任さん、さっちゃん、よろしくお願いします。

感謝です。

2009年6月 7日 (日)

いろいろある休日。

朝ラン後、

朝食、シンケンジャー、ディケイド。

 

そして、長男と朝顔の種をまいた。

Photo_6

 

大きく育てて日よけにしたいのだ。

 

 

今日は保育園の行事に出席する。

保育園でみんなで遊ぼうという催し。 園遊会だ。

 

9:45ごろ歩いて自宅出発。

ボク、奥さん、長男は徒歩。

次男はバギー。

3人目の女の子はベビーカー。

いつのまにかの大所帯。

 

園遊会とは、

園庭で昼食をとりながら、

ゲームやったり、保育士さんやお父さんたちの出し物で楽しんで、

みんなの懇親をはかろうというもの。

暑かったけど、今年も楽しかったよ~。

 

 

帰宅後は、いつもの掃除やって夕食準備。

奥さんにがんばって下ごしらえしてもらって、先風呂。

 

今日は我が家の記念日なので、ゆったり目の食事。

まぁ、いろいろ込み込みになってるけど。。。。

 

Photo_7

 

お酒やりながら、ゆーっくりね。。。

 

いろいろあって疲れたよ~。

天地人見て一日終わり。

朝ラン

今日の朝練は、MTBの時間がとれないので、ランニング。

 

朝いち、コーヒー飲んで、ストレッチして、

6:10発。

自宅~名城公園~お堀1.5周~中日新聞~外堀~国立~土居下~自宅 の、外堀コース。

7:10着。

2009年6月 6日 (土)

石の公園へ行く。

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~名城公園半周~自宅の、お堀コースプラス。 40分。

 

今日は岡崎、石の公園団地へ行く。 事務所の大家さんと2人で。。。。

 

石の公園団地ってなんだ? って言うヒトのために、

岡崎は御影石の産地で、全国的にも有名。

その岡崎には、石工屋さんが集まってる団地があって、

年に一回、石のお祭りを行うのだ。

今日明日と、そのお祭りが行われるので、

石好きな大家さんに誘われて、ご一緒することになった。

 

30社ぐらいが、ここに作業場と事務所を構えているんだけど、

石も近年では、外国産に押されているので、ここ岡崎でも石屋さんは、さびれてきてて、いくつか空いてる区画がある。

 

大家さんお気に入りの大村石材はこんな感じ

Photo

なかなか感じいい。

 

やっぱり、灯篭やつくばいが多いんだけど、

こんなのや、

Photo_2

こんなのも、

Photo_3

鎮座していたりする。

 

お祭り特価のセット品や、

Photo_4

 

センスいい水鉢みたいのとか、

Photo_5

(本物だから安くはないけどね。。。)

 

石の使い方、加工の仕方、石屋さんたちの気持ち、

産地や加工場まで来ると肌で感じられるから不思議だね。

 

設計とはしょせん紙の上の表現だけど、

おんなじ紙に書いた線でも、こういう部分を知ってるか知らないかって、

違うと思うんだよね。

 

予想以上に楽しかったよ~。

2009年6月 2日 (火)

木造建築病理学とは。。。

寝坊したので朝ランはなし。

 

朝いち長男次男を保育園に送って事務所。

 

今日は午後から講演会。

主題 ”木造建築病理学とは”

副題 ”リフォームにどう取り組むべきか”

と題して、Msの三澤文子さんのお話しを聞いてきた。

文子さんは三澤康彦さんの奥様で、

最近は、岐阜県立森林アカデミー教授で活躍されている。

 

お話しのほうは、

”もっと、専門知識、専門技術にのっとったリフォームをしていこう。”

という内容で、自身のリフォーム事例の紹介も兼ねてのものだった。

 

さすがなのは、

”超長期優良住宅先導モデル事業” の

”既存住宅等の改修” 部門で事業認可を受けていることで、

改修費用に対して国の補助金が出るのだ。

 

もともと授業のカリキュラムで行っていたリフォームの講義が出発点なのだが、

ご自身も、だんだんとリフォームの重要性を感じ、また社会的な必然もあって、

”木造建築病理学” を行うに至ったそうだ。

 

なにはともあれ、

今ある住宅を長寿命にして、地球資源を大事にしていこう、

という、考え方が具体的になってきたのは大きな前進だと思う。

 

 

三澤さんの言ってるリフォームとは、

床を張り替えて終わりとか、キッチン換えて終わりとか、

そういったレベルのことでなく、

地盤調査や、建物の詳細調査をして、改修方針を決めて、

長く住まうために、きちんと直そう、ということ。

 

こういった改修は、ことばでは簡単なんだけど。。。。

非常に難しいのだ。

場合によっては新築以上の手間がかかることもあるしね。

 

ボクの経験でも。。。。

まず、既存建物の図面を起こすだけでも一苦労、

その後に改修方針をまとめて、

住まい手に改修の必要性を説いて。。。。

見積りして。。。。

 

そうこうしてると、軽く1千万を超える額になってくる。

今の日本人には、リフォームでこれだけ出そうと思うヒトは限られてる。

見てくれだけの廉価リフォームへと流れていってしまうかもしれない。。。。

 

まだまだ、問題は山積みなのだ。

2009年6月 1日 (月)

良い家とは 6

朝いち ランニング。

コーヒー飲んで、ちょこっとストレッチして、

自宅~名城公園~お堀1周~自宅の、お堀コース。 35分。

 

長男次男を保育園に送って事務所。

 

 

良い家とは 6回目。 最終回です。

 

⑤丈夫で長持ちすること

 

“あたりまえだろっ!” っと思われるかもしれません。

しかし、スクラップ・アンド・ビルドが常識化してしまった建築業界では、

少し事情が違うように感じます。

 

あちこちで報じられているように、日本の住宅の平均寿命は25~30年と聞きます。

少し悲しくなりますね。

核家族化や、戦後の経済成長も手伝って、

働き盛りが建てた家が一代きりで取り壊されている。

ということでしょう。

 

近年、政府がこれを問題視し始め、

経済成長の鈍化と、環境配慮というお題目のもと、

200年住宅だの、長寿命住宅だのと対策を講じ始めています。

 

 

お題目がどうであれ、

精魂込めて造り、愛情をもって住んでもらいたい家です。

ボンセッケイでは、

言うまでもなく、“丈夫で長持ち” を常に念頭においています。

 

そのために、

無理のないシンプルな構造体、明快で素直な間取り、

になるよう設計を突き詰めます。

 

デザインの要素としては、屋根を造ります。

雨を受け流すためと、なるべく外壁に雨がかからないように。

屋根があるということは、覆われてる感じがして心理的には安心感を生みます。

 

ボンセッケイでは、自然素材である木を、内部、外部ともにたくさん使います。

木を外部に使うことに対して、不安がる意見がありますが、こう考えています。

 

外壁に杉板を使用した場合、

外壁材として機能できなくなるのにどれぐらいかかるでしょうか?

昔から雨がかりになるところには板を張っていました。

見た目が悪くなったり、機能に支障をきたすと、張り替えて建物の寿命を延ばしてきたのです。

常時、水に浸かっていなければ、そう簡単に腐ったりしません。

また、経年の変化も味わい深く、ヨゴレも気になりません。

 

方や、現在主流となっている外壁材はいかがでしょうか。

例えば、

5年でコーキング打ち直し。

10年で塗装し直し。

20年で取替え。

そして、よく言われるように、新築時が一番キレイで、どんどん劣悪になっていく。

。。。。。。。

 

それほど性能に差があるとは思えないのです。

 

高価でなく、本物を使って、丈夫で長持ちする家を造る。

ボンセッケイでは、そんな家づくりを目指しています。

 

 

次回からは、ボンセッケイの造る家。

”ふつうの家を造る” 連載予定です。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »