« みんなでガヤガヤ。 | トップページ | 気合入ってるみたい。 »

2008年6月 9日 (月)

土を塗る!

朝いち、長男、次男を保育園に車で送って現場へ。

 

今日から土壁工事だ。

現場に着くと、土はもう来てた。

むかーしむかしは、現場で藁混ぜて、練って、っと作ったそうだが、

今はドロコン屋さんから土は運ばれてくる。

 

けっこう粘る。 色もいい。 良さそうな土だ。

中部地方は、全国的に見ると、土には恵まれた地域だと思う。

そんな恵まれた場所でも、最近は土壁は減ってる。

左官屋さんも久しぶりだよって。

久しぶりすぎて、圧送ポンプが壊れてた。。。。急遽2号機を持ってきてもらって。。。。動いた。

 

Photo_2

 

なぜか、この建物が土壁だとわかると、みんな、うれしい顔をする。

基礎屋さん、大工さん、瓦屋さん、小舞屋さん、左官屋さん、近所の方々、検査員のご年配。

なんだかんだ言っても、みんな、うれしいみたい。 ボクもうれしい。

 

はなし変わって、

最近思う、今回の現場で特に感じること、

なるべく化学製品を使わず、

木と土と石からできる家。

まさに、地面からにょきにょきっとできる感覚で、なんかすごく自然な気がする。

現場しごとが、畑しごとの感覚に似ているのだ。 (牧歌的というか、良い意味でゆるーい感じ)

家が建っていくというより、育っていく感じ。

現場ゴミも、ほとんど出ない。

大げさかもしれないけど、人間が生態系の一部なんだと感じることができるギリギリの線かもしれない。

 

ついつい現場に長居してしまう。

« みんなでガヤガヤ。 | トップページ | 気合入ってるみたい。 »

現場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みんなでガヤガヤ。 | トップページ | 気合入ってるみたい。 »