« 今日を愉しむ | トップページ | 彼はお誕生日会が大好き。 »

2007年12月11日 (火)

伝える手法

朝、長男を保育園に送って仕事。

我が家の大ピンチは、まだ続く。

今朝はボクが胃腸風邪になっていた。。。おなかが。。。余談を許さない状態だ。。。

今日も大事jな打合せがあるって言うのに~。。。

幸い、発熱はなかったので、奥さんのお薬をもらって、通常勤務。

 

お昼から、進行中のお客さんとの打合せ。

先週からの我が家のバタバタで少し進捗が遅れ気味。

今日は模型を見てもらって、あーでもない、こーでもない、っと打合せた。

 

Photo

ボクたちのおしごとは、”ひとに伝える” と ”ひとのはなしをよく聞く” という要素が非常に大きなウェイトを占める。

デザインしたり計算したりは、おしごとのなかの、ほんの一部で、上手に ”ひとに伝える” と ”ひとのはなしをよく聞く” ができないと、おしごとにならない。

”ひとに伝える” ために絵を描いたり、文章にしたり、図面を描いたり、模型作ったり、と作業する。

 

今回は、いままで打ち合わせてきた内容と方針を模型を使って説明した。

そして、あーでもない、こーでもないと模型を手にとってクルクルしたりする。

近隣との関係、敷地に対する建物の大きさ、位置など、わかりやすいのだ。

”伝える” という手法のひとつです。

« 今日を愉しむ | トップページ | 彼はお誕生日会が大好き。 »

しごと」カテゴリの記事

コメント

 提案模型、一階屋根と一体の深い軒が魅力的ですね。
 西南角?の南側に窓のない部屋は何ですか。

玄関と納戸です。
 
日本の建築デザインは、”屋根の建築”と言われるほど、屋根の勾配、軒の出、瓦などがデザインの要素として重要だと思います。ここを間違えると間抜けな家になってしまいます。
 
先人達の仕事に敬意を払い、また恥ずかしくないような現代の日本の家になることを目指しています。
 
うまく進んでいくとよいな~っと。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日を愉しむ | トップページ | 彼はお誕生日会が大好き。 »